読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我輩は健康である

30代主婦が美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

今日もいまさらながらマイナス5歳肌対策の事を書いてみました

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

ヒアルロン酸とはもとから人の体内の至る部分にあって、ネバネバとした粘性のある液体であり、生化学的に表現するとムコ多糖類というゲル状物質の一つだと説明することができます。

セラミドは肌の水分量を守るといった保湿の働きのアップや、肌水分が蒸発してしまうのを抑制したり、外界からのストレスや汚れや雑菌の侵入を阻止したりするなどの役割を担っています。

乳児の肌が潤いに満ちてつややかな張りがあるのはヒアルロン酸を大量に皮膚に含んでいるからです。水分を保持する能力が非常に高い物質であるヒアルロン酸は、しっとりと潤った肌をきちんと保つ化粧水や美容液に保湿成分として配合されています。

セラミドとは人の皮膚表面において周りから入る刺激を防御する防波堤の様な役目を果たしていて、角質のバリア機能と称される大切な働きをこなしている皮膚の角層部分に存在するとんでもなく重要な物質のことなのです。