読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我輩は健康である

30代主婦が美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

気が向いたのでつやつや素肌ケアの要点を書いてみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

セラミドは肌に潤いを与えるような保湿性能の改善とか、肌から水が蒸散してしまうのを確実に押さえたり、外界から入る刺激あるいは細菌の侵入などを阻止する作用をしてくれます。

老化前の健康的な皮膚にはセラミドが多く保有されており、肌も水分を豊富に含んでしっとり感があります。けれども残念ながら、歳を重ねることによって肌のセラミド量は徐々に減退してきます。

すぐに脂っぽくなる脂性肌の人、肌の潤いが不足している乾燥肌の人、そしてどちらも併せ持つ混合肌の人までいるのです。各々に対し専用の保湿化粧品が販売されていますから、自身の肌の状況に合っているものを選び出すことが求められます。

優れた保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって組成された網目状のネットワークを満たすような形で分布して、水分を保持する機能によって、潤いに満ちあふれたハリのある美肌に整えてくれます。