読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我輩は健康である

30代主婦が美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

本日もなんとなーく美容関連について情報を集めています。

「無添加で有名な化粧水を使うようにしているから大丈夫だろう」と油断している方、その化粧水は本当の無添加品ですか?実を言うと、添加物の中の1つを添加しないというだけでも「無添加」と宣伝して差支えないのです。

10〜20歳代の健やかな状態の肌にはセラミドが多く保有されていて、肌も水分をたっぷり含んできめ細かくしっとりしています。けれども、加齢と共にセラミド含有量は少量ずつ減少していきます。

よく知られていることとして「肌のためには化粧水をケチらない方がいい」「豪快に浴びるようにつけるのが一番」と言われているようですね。試してみると確かに使用する化粧水は少量よりたっぷり使う方がいいかと思います。

肌の一番外側にある表皮には、ケラチンと呼ばれる丈夫なタンパク質を主成分とする角質層と呼ばれる一種の膜で覆われた層があります。その角質層の角質細胞の隙間をセメントのように埋めているのが「セラミド」というスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。

セラミドは皮膚の表層にある角質層の重要な機能を守るために主要となる要素であることがわかっているため、加齢とともに衰えた肌やアトピーでダメージを負った肌にはセラミドの継続的な補給は欠かしてはいけない手入れの1つとなっています。